ついに発見!悲劇の王子が眠る末吉の玉陵!

インビジボーRYUKYU改!

今日はあんまり天気が良いもので🌞

急遽末吉森ワンダリングへ!

羽地朝秀の墓への参拝と、だいぶ前から気になってた末吉の玉陵を探しに!

羽地朝秀の墓

しかしなっかなか探せんくて末吉森をグルグルと😅

ガジャンにはとことん噛まれるし、ジャングルを歩くんで草木による引っ掻き傷が次から次へと🤕

さすがに今回は無理かと諦めかけたその時!まさかまさかでまるで導かれるようにたどり着いた!

どっか外国の遺跡か!くらいにジャングル

一説によるとこの墓は、尚豊王の次男『尚文』が眠っているとされ、この時代のドロドロさってったら恐ろしい。

実は尚豊王の長男・尚恭、次男・尚文は尚寧王(浦添尚家)の弟の娘が母親である。

なぜか長男も早死し、次男も謎の病気で亡くなっている。

尚文が眠っているとされる末吉の玉陵

その病気故、隔離されるかのようにこのような場所に葬られたとか。

尚豊の後は、妃の血を継いでいない三男・尚賢、そしてその後はその弟の尚質が王位を継承していく。

そこからまた羽地朝秀という究極な人物が現れ、王家血筋の流れは大きく動いていく。

もしかするとそういう時代の悲劇の王子だったのかもしれない。

現在の首里高校の敷地に中城御殿が建てられたのも、尚文のためだったとも言われている。

とにかく目の前にして拝みたかったのだ。R.I.P.

しかしこの荒れ方はひどい。。

こんなに重要な史跡なのに。市が管理とかできないものだろうか。

その後近にある尚家の墓、宜湾朝保の墓、さらに末吉・大名付近に点在する史跡を巡ってきた。

さすがは王族直系の墓!

なんとも琉球ロックな1日でした😁!


The following two tabs change content below.
E.KEMURA

E.KEMURA

沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字ウェブマガジン Okinawanderer の発行、国際交流プログラム開催、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中! 2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても沖縄の隠れた魅力を発信中!
タイトルとURLをコピーしました