大謝名

インビジボー改!琉球㊙︎外伝

ギノワンダラー 『ノロ跡目をめぐる激しいバトル 大謝名 vs. 真志喜 ノロ話2』

琉球国時代、宜野湾では3エリアに分かれてノロが配置されていました。 伊佐・喜友名・神山・宜野湾・我如古・嘉数を管轄する『宜野湾ノロ』、安仁屋・普天間・野嵩・新城を管轄する『野嵩ノロ』、そして宇地泊・大謝名・真志喜・大山を管轄する『謝...
インビジボー改!琉球㊙︎外伝

ギノワンダラー Vol.03 察度は宜野湾謝名の生まれだ!

察度時代(14世紀)には宜野湾間切がまだ存在しなく浦添の一部だったとはいえ、察度は『謝名』の出身なので浦添謝名であろうが宜野湾謝名であろうが『謝名』の出身ということに変わりはない。 その察度生誕ゆかりの『はごろも伝説』(母親が天女)...
OkiWan Tour

君はジェットコースター通りを知っているか!?

パイプラインは燃料輸送のためのものだったので、なるべく最短距離で目的地まで繋がれていた。 そのため起伏の多い沖縄の土地では、アップダウンの激しい箇所も多かった。 その跡道が後に生活道となったのだから、アップダウンはそのままに...
スポンサーリンク
琉球ワケンロー

察度を敬愛し、偉業を伝える『察度の会』に参加してみた

琉球史学びウィークエンドだった土曜日は、以前からかなり気になっていた『察度の会』なるグループが主催する『察度王生誕の地を歩く』というイベントに参加してきました♪ 宜野湾の大謝名や真志喜、大山あたりでたまにこんな立て看板を見ることがあ...
OkiWan Tour

あの宜野湾裏ナイトスポット『新町』は今どうなっている!?

かつて宜野湾の真栄原にあった新町は、ある意味で沖縄の有名なナイトスポットであった。 これももちろん戦後米軍が駐留する地域という社会環境が生み出したものだった。 しかし時代の流れからその対象は米軍から日本人観光客にまで変化し、...
OkiWan Tour

察度王の成り上がりストーリーとは!

察度(謝名ムイ)は、琉球史でも稀に見る農民の子から逆玉の輿に乗って王位にのし上がったという異例の人物(正史上のストーリーであって事実かどうかは怪しい、と考えている)。 なぜ勝連だったのか、庭に転がっていた黄金の正体とは一体!? ...
OkiWan Tour

古琉球を大きく動かした『察度王』の居住地跡を訪ねる!

宜野湾市大謝名にあるムラガー(村の湧き水)は、王朝時代からの重要な水源で未だ豊富な水量を誇っている。 近年補修整備も行われ、すごく綺麗&歩きやすくなっているので琉球を感じることのできるお勧めスポットだ♪ 近くにある火の神、...
OkiWan Tour

未だ水量が衰えない大謝名メーヌカー (湧き水)は重要史跡!

宜野湾市大謝名にあるムラガー(村の湧き水)は、王朝時代からの重要な水源で未だ豊富な水量を誇っている。 近年補修整備も行われ、すごく綺麗&歩きやすくなっているので琉球を感じることのできるお勧めスポットだ♪ 近くにある火の神、...
OkiWan Tour

宜野湾市大謝名の古い細道を探索してみた

宜野湾市大謝名は歴史あるエリアだ。 近年では58号線を中心に外食チェーンも多く参入し、人通りも多くなっているが、一歩中路に入ると古き良き雰囲気が色濃く残る。 まずは社交街から散策しよう! チャンネル登録もィヨロシク...
ロックンロールレディオ Invisible Ryukyu

那覇の天久と宜野湾察度の関係性とは!?

(*視聴注意、、めちゃくちゃ酔っ払ったまま撮影してます。。) 那覇の天久といえば今では一等地のエリアだ。 その歴史は古く、察度が中山を平定し外交貿易を成功させているころ、自身の弟を『天久按司』として天久に置き統括させていた...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました