沖縄の国際化のため&ビジネス向上にWin Win を♪

本日は、営業周りに出てきました〜(^^)

県内在住外国人ネットワークを構築していくために、日々色々と活動もしてますよ〜♪

なんといっても、在沖の外国人の8〜9割ほどは一時滞在の沖縄生活であって、常に移動や転勤、母国へ帰国してしまうなどなど、友達になったら移動になってしまう、プログラムに慣れてきた頃に帰ってしまうなんて話は珍しくなく。。

常にコミュニティネットワークを作り続ける必要があるんです(^^)

先週には糸満ハーレーにも足を運んで、観客で来ている外国人にも声をかけ、こういう国際交流プログラムあるので良かったら参加してね〜(^^)と呼びかけも行いました♪

これだけ IT, SNS が発達している時代なので、ネットを通じての呼びかけにももちろん力を入れてますが、やはり Face to Face の方がより信頼も得られて参加してくれる率はグンと上がる。

そりゃそうですよね♪

で、こういう理由付けがある行動なので、声かける方だってそんな畏まる必要も無いし、相手は外国人、日本人よりはるかに話を聞いてくれます(^^; イメージできるでしょ(^^;

そして彼らだって、プログラムの内容を知ると、オーイェー!参加したい!と言って喜んでくれるんです♪

これは双方にとっていい事じゃないですか(^^)

こういう広報活動自体もプログラムとして活用して、夏休みなどにはインターンシップ生などにも声掛けをさせていこうと思っています♪

かなり生身の実践でしょ!? 英語も喋れるし度胸も付くし、しっかり情報も収集出来て相手も喜んでプログラムに参加できる(^^)

そしてさらに効率を上げながら、ビジネスレベルでの Win Win も仕掛けていこうと思い、外国人(特に在住外国人)がよく訪れるお店などでフライヤーを置いてもらったり、興味のある方にはプログラムの簡単な概要も伝えてもらいたいなと。

そこで本日は、行ってきました! 近年、在沖外国人をはじめインバウンドにも人気位急上昇中の浦添にある『城紅型』さん!

B25B70A5-CB73-403A-9774-C932D2EB8FE3

以前に紙面にて記事でも紹介させてもらったこともありますね♪

伝統を周到しながらも近代的な要素を取り入れたオリジナル紅型の制作販売はもちろん、紅型体験にかなりの人気が出て来ているという♪

DDFB4629-E5E2-481B-9F3C-A6BC09C059DB

まず見て欲しいのがこの日々の活動状況、ほんと外国人率が高くなってきていて、伸び率も聞かせてもらったんですが、県内在住の外国人伸び率がダントツに高く、ここ3〜4年で数百%の伸びとのことですよ!

店長の山城さんの広報力&アイデア力がすごいというのが大前提ですが、やはりこの在沖外国人マーケットって事業者のみなさん見逃しがちなんですよね〜。

彼らって口コミしてくれるし、ファンになってリピートしてくれるし、帰国の際にはお土産として、自分の思い出の品として、沖縄ならではの『紅型』を大量にも買って帰ってくれる。

AE7D7C2E-7E5D-475E-B465-9DB220ED3D46

ということは、見方を変えれば、紅型体験しに来てくれる方、ファミリー、学校関係者などに国際交流プログラムのフライヤーなどをついでに渡してもらえることによって、かなり高確率でプログラムにも参加してくれますよね♪

逆に我々からは、このような形で協力店としてブログなどでの紹介も可能だし、すでに出来上がっているコミュニティへ店舗の宣伝もできる。そしてプログラム当日にはファミリーそれぞれにプログラムのファイルを配るんだけど、そのファイルの中に城紅型さんのチラシを挟み込んで、周知&後日の集客へと結びつける♪

8133B218-9CDC-455A-A32C-3A31AF8B074B

クーポンなんかを挟み込んでいくのも今後効果的かなと思っています(^^)

こうなってくると、ビジネスの上でも Win Win を構築できるし、何より沖縄のインターナショナル化を促進することができる。

上記述べたように、もったいないマーケットが目の前に広がっているんですよ? 逆に彼らだって沖縄らしい事をしたい、沖縄らしい体験したい、物を買いたい、双方に求めていることはマッチしているんです。その架け橋が足りてないだけなんです。(政治的な部分もありはするけど)

ということで、今後もたくさんのメリットを生み出していくプロジェクトを作り上げていきますので、こういうことできる? こういうことで相談したいんだけど、というお声掛けもお待ちしてます(^^)

ィヨロシクワケンロー!!!


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!