沖縄バスケはアマチュアも熱い!3 on 3 CROSSOVER

沖縄は日本全国においてもバスケ人口がスゴいのは結構有名だよね。

そうなってきた背景には、在沖米軍人の存在があったことも間違いない事実だ。

有名どころでは、クバサキハイスクール(現キャンプフィスター内)という在沖米軍属のための高校がもともと中城村久場崎という場所にあって、地元近隣校で彼らとの交流戦やストリートバスケなどを通して強くなった高校がある。それが北中城高校、全国でもトップレベルの強豪校でキングスの選手にも北中卒の選手がたくさんいる。

Mr.キングスこと岸本選手も屋部から北中城へ進学した一人である。あの有名コーチ『金城バーニー』の指導を請いたいという話だったとも聞く。

それくらいバスケと言えば北中というイメージも強い。

今でも北谷のアラハとか八重島とか、中部一帯では公園にバスケットコートがあるのも珍しくないし、日米混ざってプレーする姿もよく見受けられる。

ここに沖縄のバスケレベルの底上げがあると言っても過言ではないと思う。

そんなバスケ王国の沖縄、キングスに続けとばかりに 3 on 3 のアマチュアのリーグも発足している♪

それが『CROSSOVER』!!

3 on 3 と言えばストリートバスケのイメージで屋外を想像すると思うけど、こちらは二ヶ月に1度の頻度でミュージックタウンの3階劇場をバスケコートにしてしまいゲームが行なわれているのだ!!

2K8A3891

屋内というだけあって、迫力のプレーが目の前で行なわれると供に、その盛り上げ方も屋内ならでは♪

DJが巧みに音楽とリズムを絡み合わせ場内を盛り上げる!

2K8A6058 (1)

ゲームの合間にもダンサーが会場を盛り上げる

お〜!? ここは一体どこの国だ!?くらいの盛り上がり(^^)

さらにさらに、このCROSSOVERの面白みはこれけじゃない。

上位リーグには16人の選抜選手が登録されており、チーム戦ではなく個人戦で優勝を争うという形式。

どういうことかというと、16人の選手で毎試合毎試合チームのメンバーが変わるわけ。

今月は誰と誰のチーム、来月はまた誰と誰がチームを組むというような。

それで個人個人のプレーについてポイントが付き、ショット成功で何ポイント、リバウンド、アシスト、それぞれにポイントが加算されチーム自体にも勝利チームにはポイントが加算。

その合計ポイントが一番高いプレイヤーが CROSSOVER のチャンピオン、言わば県内アマチュアバスケの頂点とも言えるわけだ。

2K8A3165

面白いね〜♪

で、今回この話をオキナワンダラーでも取り上げて外国人にも周知して欲しいと持ちかけてきたのが、元キングスの広報マン富永氏だったのでした。キングス創設時からキングスに関わっていて、ワタクシともJapan Update の頃からお付き合いがある間柄なんです。しかも同級生(^^;

で、やっぱミュージックタウンで活動しているわけだし、キングス時代に関しても外国人のバスケの楽しみ方、盛り上げ方を見てきている。

そこで、このCROSSOVERにしても外国人をどんどん取り込んで行きたいんだと。ひいては外国人選手の加入も進めていってみたいんだと。

ほぉ〜!それは面白そう!!

バスケを通して国際交流、そしてバスケレベルのスキルアップ、目の前でカッコいいプレーを見せられることで子供たちの夢も広がる!

OK!やりましょう!!と二つ返事で快諾して、今後のスポンサーとして応援していくことになりました(^^)

ほんと面白いんで、一度ぜひ観に行ってみてください♪

今度の試合は10日の金曜日、ミュージックタウン3階で19時より開催されます♪

シート席は前売り¥2500、立ち見が前売り¥1000、子供が¥500、当日券は¥500アップとなっています。

ますます県内のバスケ界に盛り上がりが期待できますね!!

これからも応援してまいりまーす!!

ワワワケンロー!!!

英語版はコチラ


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!
スポンサーリンク