沖縄にいながらタイマッサージの資格が取れる!オンタイマッサージさん開校!

コックンカーップ!サワディーカーップ!

という挨拶くらいは知ってます、E.KEMURAです(^^)!

え?どこの言葉?

タイですたい!九州男児ですたい!

そんなん言ったらなんでもタイ付けれるしが。

ということで、だからどんなことよ!? 今回ご紹介させてもらうのは、浦添は港川に今年6月にオープンしたばかりの、本格タイマッサージの『Ong’s Thai Massage Okinawa』(オンタイマッサージ)さんです〜!

何がスゴいって、ご夫婦でマッサージ店を営んでいらっしゃるんですが、旦那様の方は本場タイの方で、向こうではタイマッサージ教室の先生をされていたんだとか♪

ということは、もうプロ中のプロですよ!して、こちらのオンタイマッサージさんにてその本場タイマッサージを受けることができるのはもちろんなわけなんですが、なんと!これまでのその講師スキルを活かして、タイマッサージのクラスを沖縄に開校!

沖縄にいながらにしてタイマッサージのレッスンを受けることができ、受講終了時にはタイ政府お墨付きの資格証書も受け取ることができるんです!!

その資格持てば、ちょっとしたカルチャースクールの場や友人・ご家族などにマッサージを施して喜んでもらえますね〜(^^)!

IMG_3280

さらに、奥様の方もなかなかスゴい経歴の持ち主で(^^;

東京でのOL時代にふと訪れた鍼灸院に感銘を受けて、一念発起で鍼灸学校に通う。その後師と仰ぐ先生に付いて2年もの修行を経る。そこから一度沖縄に戻るもアジアの魅力に惹かれアジア一人旅を点々とする。その間にタイのマッサージに魅了され、自分が持つ鍼灸スキルとタイマッサージの融合を思いつく。

その後沖縄に帰郷し、満を持してタイマッサージ&鍼灸院をオープン!

す、すごくないですか(^^;? 見た目はおっとりされておしとやかな感じなんですけど、どこからそんなアクティブ力が!?みたいな(^^;

IMG_3295-700x467

でも、この鍼灸&タイマッサージの相乗効果ってのがスゴくいいんですよ〜!

鍼灸もどちらかというと東洋医学じゃないですか? タイマッサージも痛むところをポイントマッサージするという概念ではなく、身体の線(経絡というらしいです)で物事を捉えて、身体全体の流れの中からマッサージを施すという感じらしいのです。

なので、実はワタクシも体験として少し看てもらったのですが、タイ的思考と鍼灸的な思考双方で看てもらってて、その症状の指摘にほほ〜!なるほど〜!と納得させられっぱなしでした(^^;

鍼灸の方ではカッピングといって、容器のような器具を使って身体のポイントポイントを真空にして吸い込んで?? ちょっと説明が難しいんだけど(^^; その吸い上げられた血液の色で身体の内部の状態を看るっていうのをやってもらったんです、したらもう、どす黒!! やっぱ黒いと良くないらしいです(^^;

こちらは奥様の方で、血もやはり奇麗ですね(^^)

こちらは奥様の方で、血もやはり奇麗ですね(^^)

して、コレがワタクシ(^^; はごさよー!くらい黒ですね。。

して、コレがワタクシ(^^; はごさよー!くらい黒ですね。。

で、そこから血行を悪くしている血を抜くとか、血の巡りを良くさせたりとか、いや〜スゴい経験させてもらったな〜と!

で、ワタクシはもうこういう仕事も仕事なんで、慢性的な酷い肩凝りなんですけど、やっぱスーッと楽になった気がしましたよね(^^)

と、自分のことはまぁ置いておいて、とにかく、ちょっと新しい!そして神秘的感覚すら覚えるオンタイマッサージさんの施術&レッスン&鍼灸、ぜひ体験してみてくださいね〜!

マッサージを施術できる側になれると、ほんと周りからも頼もしく喜んでもらえる存在になれますよね♪ 毎日やってもらいたい(;;)

あ、そうそう、10月にはこれまた本場タイから産後マッサージを得意とされている先生が来沖するようで、少人数生のクラスの応募を受け付けているようですよ(^^)

FB_IMG_1503051467328-700x526

こちらも受講後にはディプロマが取得できるようなので、興味ある方はぜひぜひお問い合わせください♪

ユタシクです!

オンタイマッサージ沖縄 https://www.facebook.com/ongsthaiokinawa

住所:沖縄県 浦添市港川2-9-2 キャスティール101

電話:070-4479-2761

営業時間 10:00〜21:00(最終受付20:00)
定休日  月曜日


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!