Invisible RYUKYU 第77回目は『山の日だから、敢えて本部の山々の話』

ハイサイハチガツオーガスト!!

ワワワワケンロー(´∀`)

さ〜、8月突入ですよ!

来週にはお盆ですよ!

したらもうエイサーですよ!

したらもう秋ですよ!

ぃヤバイ! サマータイムブルーになっちゃうよや、パーラない!

ツーことで、8月もInvisible RYUKYUをィヨロシクロックンロール!!

8月は、本部町をフューチャーしてお届けしたいと〜思います!!

まずの本部第一回目の今宵は、本部町の概要と来週月曜が『山の日』ということもあってね、『山』に関する本部町をお届けしました♪

や~まへ行こう~次の月曜~、by ドリカム!もやっちゃったりしてね!? 

聞き逃した!という方は、ラジコからどうぞ〜!

本部町、人口数1万3千人ほどで人口ランキングでは21位、ほぼ真ん中の位置ですね。土地面積は県内で10番目というなかなか大きい地域です。本島だけで言えば6番目。

と、本部といえばやはり美ら海水族館で、海洋博で漁師町で、カツオも忘れちゃなんないぜ的な海盛りだくさんなイメージが結構あると思います。

IMG_9776

備瀬の海すぐ側の樹齢300年とも言われるフクギ並木も風情あって、水牛が歩いている姿なんて時代がタイムスリップしたかのような錯覚にさえ陥りますよね。

20170508_134332

しかし、意外と『山』に関するインビジブルも結構隠れているんですね〜(´∀`)

まず、八重岳!! こちらは沖縄本島内では2番目に高い山!そして桜の名所であり、日本一早い桜祭りと称される八重岳桜祭りの会場でもありますね♪

毎年1月下旬頃には、約7000本もの寒緋桜が咲き誇り、山一帯がピンクに染まるという大人気なスポットです。

20170122_150124

ちなみに本島内で一番高い山はお隣国頭村の与那覇岳、離島も含めると県内で一番高い山は石垣島の於茂登岳、2位が与那覇岳、3位が西表島の古見岳で、八重岳は県内4番目に高い山なんです。

IMG_8806

また、桜が咲き始めるちょうどその時期1月〜2月にかけては、伊豆味の山々でタンカン狩りが大人気になる。

1人数百円ほど支払えば、畑中に広がるタンカンがいくらでも食べ放題! 寒い時期に、大自然の中で食べるみかんの味は格別なんだよね〜! たらふく食べた後にお土産としてキロいくらでだいぶ安く購入することもできるし♪

20170205_150158

どうやって農家さん探すかってのが気になると思うけど、伊豆味のみかんの里という物産センターに行って、タンカン狩りしたいんですけどと伝えれば、今すぐにできる農家を紹介してくれて、場合によっては農家さんが迎えに来てくれたりもする。

さらにこのみかんの里では、逆にタンカン狩りをせずとも袋にギューギュー詰めになって売られている新鮮なタンカンを買って帰ることもできる。

20170205_141525

でも今その時期じゃないしね〜、というツッコミが出そうなところで夏の山の日におすすめな本部の山!

実はホントに山と言えば本部というほど、面白い山々があるんです。

まず、本部の山里〜大堂地区には世界的にも珍しい円錐カルストという円錐状の山々がいくつもあって、そのフォルムが綺麗で見ていてすごくカッコいいんですね♪

カルストってのは、社会とか地理の時間に習ったと思うけど(^^; 簡単に言うと、石灰石のような水に溶けやすい岩が長い年月をかけて二酸化炭素を含んだ雨によって侵食されてできる地形のこと。特に亜熱帯などではスコールなどの激しい雨による侵食で、このような円錐状の地形が時として現れるとのこと。なんでも今から2億年以上も前のサンゴ礁からできた石灰岩らしい。

で、実は円錐カルストが見られるのはここが国内唯一とのことで、国定公園にも指定されている。

そのあまりに綺麗な円錐状という事もあり、なんとクリスマスシーズンには円錐カルスト自体をツリーに見立ててイルミネーションで着飾るというなんともスケールのデカい事も行なっている。

カルストイルミ�0011

またゴールデンウィークシーズンには、円錐カルストの麓に満開の百合が花ひらくユリ祭りも開催されて、そのカッコいいフォルムと百合のコラボレーションが素敵なイベントも行われている。

DSC_2785

さらにその円錐カルスト群の一つには、その形が富士山に似ていることから富士自然動物園協会(富士の自然を守る会)により「ふるさとの富士」に正式認定された「本部富士」もあり、沖縄に限らず本土からの登山客も多く訪れている。

日本全国に〇〇富士と付く山は多々あるらしいけど、ここ本部富士がその最南端という事のようです。

ただ、石灰岩が侵食された地形ということからも想像できると思うけど、その岩岩の鋭利なこと。。

DSC_2787

万が一転んだりしたら結構危険だと思われるので、登山にチャレンジしたい場合にはしっかりとした装備で挑んでください。

ただ、山に登らずともこの円錐カルスト郡では至る所でカルスト地形を見つけることができるので、そこまで危険を犯さずとも社会見学を楽しむ事もできます。

というように、意外や意外、海だけではなく山にも特殊な観光スポットを持つ本部町、ぜひ夏休みに遊びに訪れてみてはいかがでしょうか♪

毎度放送後の一枚は、やまびこ叫ぶロックンロール!!!

FF3EA628-DADB-486D-8153-229453F3B06F

ワワワワケンロー!!


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!