激ウマしゃぶしゃぶ食べ放題が¥990!!マジ(゚o゚)!?

11月だというのに、、いまだ汗ばむ日々が続く沖縄ですが(^^;

さすがにそろそろ気温も下がりだし、あ〜早くも暑さが恋しい!と思う季節になっていくことだと思います。

そう、寒くなると食べたくなるのが鍋料理!!

家族や仲間同士で、寒い中熱い鍋を囲んでの一時は楽しいもんですよね♪

そんな鍋好きなアナタに朗報!

なかなか沖縄ではしゃぶしゃぶを食べる機会が少ないですよね。

それでも美味しいのは分かってるし、身近にあれば行ってはみたい。

ただ、、しゃぶしゃぶのイメージってスゴく高そう(><;

しかもサーッと出汁に通すだけで火が通るわけだし、、肉も相当薄いんじゃないの?

てなところで敬遠している部分もあるはず。

それよりは分厚いステーキ食べた方がいいさ〜とか、焼肉の食べ放題がいいさ〜とかね。

しかし!

そのイメージを完全に覆してくれるしゃぶしゃぶ屋さんがうるま市にオープンしました!!

実は那覇のてんぶすに入っている『しゃぶしゃぶコヤキ』、北谷のシーサイドスクエアに入っている『トンキュホテ』も同系列のお店なので、そこで既に味わって驚愕された方もいるかとも思いますが。

なななんと、このしゃぶしゃぶチェーンさん、¥990でしゃぶしゃぶの食べ放題(豚&鶏)提供しているんです!

リーズナブルなのにホント美味しい!

リーズナブルなのにホント美味しい!

なんとも明朗会計! いくら食べても時間内(90分)であれば¥990!!

牛肉&モツも食べたいとのことであれば、¥1490のコース!

さらに上記コースにたった¥490追加で、お米とお野菜の食べ放題も追加可能!

さらにさらに、外国人に1番人気という和牛の食べ放題も追加されたコースはお米、野菜もすでに食べ放題込みで¥2390!!!

でね、そんなこと言ったって、やっすい肉使ってんじゃないの??って思ってしまったりするわけじゃん??

ちっちっち(ーдー)

あまいね、おにーさん。まだまだ若いね、おにーさん。

このチェーンのしゃぶしゃぶ肉、んまじで旨いから(´∀`)!!

聞く所によると、この美味しさは肉の仕入れルートはもちろんのこと、肉のカットの技術に大きな秘密があるんだと。

バイリンガルスタッフもいて外国人も安心♪

バイリンガルスタッフもいて外国人も安心♪

こちらのオーナーはもともと肉屋業界で馴らした方で、そのカットの仕方を業界で極めた方なんだと。

そのノウハウを各店舗へ伝授して、肉の旨味をより一層引き出すことに成功しているんだと。

確かに肉が結構薄いのよ? でもしゃぶしゃぶは薄い方が食べやすいではあるさ? しかし薄さ求めるとカットにも技術と時間かかるわけよ。逆にしゃぶしゃぶなんかで厚めの肉だと噛むに噛めないし。。

ただ、薄かろう高かろうじゃないわけさ。

そう、食べ放題なんでいくら頼んでも定額なわけ!!

ワタクシも実際に頂きましたけども、もうホント腹はち切れんほど食いましたよ!

さらにさらに、しゃぶしゃぶと言えば出汁も重要!

こちらしゃぶ右衛門さんでは、ちょっと変わった形の鍋で、一気に2種類の出汁を楽しめるシステムになってるわけ。

ランチタイムもおすすめ!¥690〜 しゃぶしゃぶプレート

ランチタイムもおすすめ!¥690〜 しゃぶしゃぶプレート

昆布出汁、韓国風ピリ辛出汁、すき焼き風醤油出汁から2種類をチョイス可能!

さらにプラス¥190すれば、トマト出汁、ゆず、豆乳出汁のチョイスも可能♪

リピーターの中には、出汁をミックスしてオリジナルの出汁で楽しむ方もおおいんだとか(^^)

ニンニク等のトッピングもオーダー可能!

広々で明るい店内もオシャレ!

広々で明るい店内もオシャレ!

家族でも仲間うちでも、そして一人で行っても美味しく楽しめる『しゃぶ右衛門』さん、飲み放題プランも準備されてます♪

この冬、そして忘年会シーズンのワイワイ候補の1つにしてみてはいかがでしょうか♪

ワタクシも確実にまた伺います(^^)

ワワワケンロー!!!!

うるま市みどりまち大通り沿いにあります♪

うるま市みどりまち大通り沿いにあります♪

しゃぶ右衛門

住所:うるま市みどりまち 6-2-18

電話:098-923-3739

営業時間:11:30~23:00(ラストオーダー 22:30) ランチは16:00まで

お支払い:円もしくはクレジットカード

英語版はこちら


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!