Invisible RYUKYU 第72回目は『遊びも学びも南風原タウン』

は〜えば〜るきたぜ〜函館〜!!

とな(´∀`)

北島のサブちゃんかい!

いえ、北島の康介です、

チョー気持ちいい(´∀`)

ワワワワケンロー!!!

つーことで、本日は南風原最終章のインビジブル琉球でございました♪

南風原も奥深い土地ですよね〜(´∀`)

琉球の歴史から戦争でも大きな被害を受けて、それでも逞しく復興してきた。

那覇のベッドタウンということもあり、今後もすごく楽しみな土地です♪

そんな南風原から、今日はファミリーでも楽しめて、そして学びも多いスポットを可能な限りお届けしました〜!!

まずは公園!

南風原の公園は子供心をよく掴んでいる!

野菜王国チンクワーランド

毎週のように人で埋め尽くされる公園が、字本部にある『本部公園』別名が『野菜王国チンクワーランド』!!

チンクワーとは、南風原の代名詞と言っても過言ではない、はえるんの頭にもなっている『かぼちゃ』!

その名の通り、かぼちゃの形をしたお城型のコンビネーション遊具がデデンと現れて、色々と場所によってテーマが作り上げられている!

本部公園

ウージ村とか、ビューリー伯爵の学び舎とか、ストレリチアのブリッジとか♪

これは子供は飽きないしストーリー性がまた楽しさをアップさせる!

公園自体が高台にあって、展望台からの眺めもスゴくいい♪

IMG_4631-e1534818110495

さらに遊具広場の隣には大型グラウンドもあって、ちょっと大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんはそこでのびのびと体を動かすことも出来る♪

ビューリーランド

そしてさすがは南風原! 同じように野菜をテーマにした公園が字宮城にもあって、その名は『宮城公園』またの名を『ビューリーランド』!!

先ほどの本部公園にも出てきたけど、ビューリーは方言で『ヘチマ』、そう、ここでは南風原特産のヘチマを主役にした公園になっている♪

IMG_4607-700x467

二対の大きなヘチマ型遊具が子供達を迎え入れて、野菜をより身近に感じることができますね♪

IMG_4577-700x467

ここの公園にも、隣には大きなグラウンド広場があって野球をしたりサッカーを楽しむクラブで賑わっていたりします。

そしてこちらの展望台からの景色に隠れたインビジブル絶景がある!

ちょうど高速道路の近くにある公園で、高架橋の全景を見て取れるんだけど、西原ジャンクションと南風原ジャンクションの間にある高架橋。

これが実は21連アーチの南風原高架橋と言って、全長4.6kmものアーチ型高架橋になっている。

IMG_4595-700x467

なんとアーチ型の橋としては世界一なんだとか!

車で橋上を走っていると気付けないけど、実はこんなスゴい橋の上を走っているんだね〜(´∀`)

『花・水・緑の大回廊公園』

それから自動車道高架橋下の空きスペースを上手く使った『花・水・緑の大回廊公園』もユニーク!

IMG_7316

道路が天井になってるから、雨でもある程度は遊ぶことができる。

IMG_7314

回廊ごとにバスケットコート、フットサルコート、スケボーバンク、インラインスケート場などがある。

はえるん公園

そして以前にお伝えした黄金の森公園内には、はえるん公園というはえるんを前面に押し出した公園もある。

写真 2019-06-15 15 36 45

写真 2019-06-15 15 39 43

沖縄県公文書館

さらに! 南風原と言えば歴史好きにはメッカとも言える『沖縄県公文書館』があり、ものすごい量の重要資料、公的資料が保管されている。

それは一般の方でも閲覧が可能で、莫大なデータベースから検索機能を使って項目ごとに探すこともできる。

IMG_7357

琉球王朝時代の資料から、戦前戦後の貴重な写真や動画も残っている。実は一部を除いてオンラインでも閲覧が可能で、実際に足を運ばずともかなり貴重な資料を見ることができる。

定期的に企画展示会も行なっているし、常時見学可能な資料展示室もある。

IMG_7366

少し敷居が高いのかな〜なんて思ってしまいそうだけど、全然オープンで入館も無料。

沖縄が辿ってきた歴史文化を、残された貴重な資料を通して理解し学び、未来の沖縄のために役立てていって欲しいとの願いがある。

ぜひ、まずは気軽な気持ちで通りすがりで寄ってみるでもいいので、足を運んで何かを感じてもらえたらなと思います。

yu-i FACTORY

最後に! 南風原には面白い事業している知人がいて、ハブの皮で革製品を作っている『yu-i Factory』もちょこっとだけ紹介させてもらいました!

99%ほどの人間に嫌われて厄介者扱いされている『ハブ』、しかし沖縄のアイコンといえばアイコンでもある。

であれば、それを何かしらプラスに変えていけるアイデアは無いかと試行錯誤しながら生み出されたのが、ハブの革製品。

パイソン革にも負けず劣らずカッコいい! あまりのかっこよさに、ワタクシもポーチ買いましたから♪

20170228_071305

オーナー幸地氏とも意気投合してロックンロール!!

20170227_161757

ぜひ、沖縄を売り込むためにも、機会あれば一度覗いてみてください♪ 高速那覇料金所の下あたりにあります。 MAP

今やGoogle Mapで店内も360度店内観ることが出来るようになってる!すげー!

ワワワワケンロー!!!

ということで、本日放送後の一枚は!

野菜公園にかけまして、

左手からビューリーあゆみ&チンクワーボス&ビューリてる知念だ!

IMG_0170

なんつってワワワワケンロー!!!

あ、今週はコーナー直前にこんな告知ツイートも頂きました(´∀`)

テンキューどうもワワワワケンロー!!


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!