東京名店の味が沖縄でも!ラーメン革命が起きる!?

ラーメン、つけメン、バイクメーン( ´¬`)

通じる方いたら、結構マニアックですな♪

カフェレーサーを題にした人造バイクの漫画だけど、これが結構面白くって一時期トライアンフかノートンまじ欲しい!と思った時期がありました。

って、そんなことはどーでもE〜!

今日は、浦添は内間にオープンしたラーメン&つけ麺屋さんの『百年本舗』さんをご紹介!!

52753292_2326675867345549_140135342530363392_o-e1551686782411

てぃーだブログの前田さん紹介でお仕事頂いたんだけど、立地的な部分から外国人客も掴みにいきたいと。

でも、どうプロモーションかけていけばいいのか悩んでいたところ、外国人マーケットならE.KEMURAさんでしょ!?と紹介いただいたという流れです♪

てぃーだのサービスにも外国語対応というサービスはあるらしいんだけども、やっぱり『餅は餅屋』ということで、その道に長けている我々を紹介して頂いたという流れなんです(´∀`)

今後こういう流れが増えてくるかもしれないですね〜!

ウェルカム!ライカム!飼い主をカム!ぬんがよ。

で、百年本舗さん

『高田馬場の有名店 日本一』に輝いた実績があるということで、麺好きには沖縄出店はかなり朗報だったでしょうね!

正直、場所はホント分かりにくい(^^;

内間にあった元『一方通行そば』という方が分かりやすいんだとか?

そう、その名の通り一方通行の通りを入った先にあるので、なかなか目的が無いと入っていかないような道なんですよ。

76629EEF-CC37-4E44-85D5-8D233CAB274F-e1551687319749

しかしですね、今回は取材も兼ねてということだったので、オープンに間に合わせて一番客で入っていこうと向かったんですよ。

が! なんとオープン前にすでに待っている客がいた(ノ゚□゚)ノ

さらに、オープンと同時に入って注文して、運ばれてくる間にあっという間に満席!

す、すごい!! これだけの立地的マイナスを全然モノともしてない。

で、今回注文したのが、

『旨辛肉汁中華ソバ』

IMG_6327

奥深い甘みを感じるスープにピリッと辛味がマッチして辛党にお勧め♪

プラス100円で辛さを1~7段階でオーダーする事もできる。

トッピングのチャーシューも薄くスライスされていてローストビーフのような柔らかさ (´∀`)

780円!

『つけ麺 ゆず味』

IMG_6332

ゆずの香りが効いたつけ汁が太麺にしっかり絡んで食べ応えも十分!

さっぱりした味で麺をすするたびにゆずの香りが口に広がる♪

こちらは特に女性に人気があるそう(´∀`)

つけ麺の麺は200g、300g、400gから選べて料金は変わらず880円。

『お子様セット』

IMG_6324

お子様セットは中華ソバとしょうが飯、ジュースとお菓子がセットになって380円!!

かなりリーズナブルだけど味も量もしっかりしていて子供も大満足♪

『餃子』

IMG_6336

一口噛むと肉汁があふれ出る絶品餃子! ¥480

サイズも大きめで肉の旨みがたっぷり包まれていました♪

お客さんも終始途切れず、長居してると悪い気さえしてくる(^^;

メニューも絞りに絞ってシンプルだし、券売機で食券を購入するんだけど、しっかり写真が付いてるので外国人でも迷うことがないし、英語で会話をしないといけないという煩わしさをカットすることができる。これはGoodですね!

A0DAACDA-88EB-42D5-BC58-A62154705B20-e1551687348795

さらに外国人は辛いヒーハーは結構好きな人多いので、辛さのレベルが選べるというのもGood!

お子様セットも家族連れをターゲットにするなら不可欠だね♪

ラーメンは世界的な人気食だし、沖縄でも外国人にも大人気!

場所が一つネックになってくるのかも、とは思うけど、今はナビだったりスマホ一つで探し出すことはできるからね、サービスもGood、接客もGood、味はもちのろんでVery Good!!

IMG_6344

なのでね、最初は少人数でも口コミで広がれば固いかなと思います♪

皆さんもぜひ!お試しあれ〜!!

ラーメン、つけ麺、Gメン75、名護あらんどー!

ワワワワケンロー!!!

英文はコチラ!

百年本舗 沖縄浦添店
住所 浦添市内間4-22-30
電話 098-876-1226
営業時間 ランチタイム11:00~15:00、ディナータイム18:00~21:00
定休日 木曜日


The following two tabs change content below.
E.KEMURA
沖縄県内で、外国人向けのフリーペーパー Japan Update の運営を経て、現在は沖縄英字マガジン Okinawanderer の発行、および外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても絶賛驀進中!